2008年09月07日

【酒の肴】イカの塩辛レシピ

かつては適当に作ったので
イカをさばいた後、肝に少々塩を入れて
切ったイカをポポポ〜イって入れたんだけど、
今回は色々検索・研究をしてみた。

で、今までと違う作り方してみた。

【材料】
するめイカ 1パイ
塩 1カップ位
ミリン 小1位?

【手順】
まず、イカをさばきます。
内臓を破壊しないように外した後、肝だけ綺麗に取る。
(いつもこのとき残るイカ墨でパスタとか作ってた)
肝は写真のように塩で覆い包め、冷蔵庫で寝かす。
(私は二晩寝かした)

塩で包んだイカの肝

エンペラ、ゲソも同時にスルメにしちまおう!って魂胆で
全部このように干す。
(同じく二晩)

干したイカ

塩漬けした肝

肝はこのようになるので、塩を洗い流し、
まな板で肝の中身をこそぎだし、包丁で叩く。

干し終わったイカ


身はスルメぽいいい感じのニオイがします。
(一度家に入れて数時間放置したら、家がスルメ臭くなりました)
塩辛に適した大きさ(お好みで)で切る。

それを和えて、ミリンを入れます。
塩っぱいだけの味にまろやかさも加わります。
後は、もう少し冷蔵庫で寝かして晩に、酒の肴として・・・・・ウシシ。

イカの塩辛
posted by 172 at 01:20| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食(しょく) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。